借入枠を増額する

消費者金融や銀行での借入枠を増額するには。返済の遅れもなく、取引が良好であれば、いま借りれいる金額よりも増額して借りられるかも。

髪の毛に良くないこと。パーマ・ヘアカラー

髪の毛に良くないとわかっていながらも、ついボリュームを求めてパーマをかける人が多いです。

でも、それ、本当のところはどうなの?美容師さんは大丈夫って言うけど、本当に大丈夫なんでしょうか。

髪の毛に安全な理由

パーマ液は昔と違い、安全性が高くなっている。そのため、髪の毛がハゲるということはない。

髪の毛に危険な理由

パーマ液を浸透させるために長い時間放置したり、デジタルパーマと呼ばれる熱を加えながら行うパーマは、髪の毛自体を傷める原因となる。

つまり、頭皮へのダメージは少なくても、髪の毛自体へは、しっかりダメージを与えている。そのため、切れ毛などの症状が出てしまう。そのせいでパーマは、はげにつながるのでは?という流れです。

もちろん、パーマ液の安全性が昔に比べてよくなったといっても、化学物質である以上は頭皮にある程度の刺激を与えることは言うまでもありません。なるべくならパーマをかけない方が髪の毛には良いのは言うまでもありませんね。

つぎに、カラーリング。こちらもカラーリング剤を頭皮に塗りこんで熱を加えながら放置するので、頭皮に刺激を与えることは間違いないです。

髪の毛に安全な理由

じつは、安全な理由は無いんです。できるだけ頭皮に刺激を与え無いようにするには、プロにお願いして頭皮にカラーリング剤ができるだけつかないようにお願いするしかないですね。

髪の毛に危険な理由

そもそもカラーリングは髪の毛を染めるために、髪の毛の表面を開く効果があります。髪の毛の表面を開くということは頭皮にもダメージを与えるような刺激があるのはわかりますね。

このような理由から、髪の毛のボリュームをごまかすためにパーマをかけたり、髪の毛の色を染めたりするのは頭皮には良くないということですね。

最近ではリアップに含まれるミノキシジルをこえる育毛成分を含む、期待できる育毛剤が出てきてますね。キャピシジルを配合した育毛剤はリアップで頭皮が荒れてしまった人に支持されています。キャピキシル配合新しいタイプの育毛剤です。