借入枠を増額する

消費者金融や銀行での借入枠を増額するには。返済の遅れもなく、取引が良好であれば、いま借りれいる金額よりも増額して借りられるかも。

増額を断られたら申し込みを検討するべき消費者金融一覧

増額を断られたら、全国対応の即日融資可能な消費者金融に申し込みを検討してみてください。

増額を断られる理由は、初回の取引から日が浅い、何度か返済の遅れがあった、収入が減ってしまった、他社での借り入れが増えたなどが考えられます。

年収の3分の1を超えていなければ、増額が断られても、新規で貸してくれる消費者金融はあります。自営業なら超えていても審査はしてくれます。

年収の3分の1を超えてしまっているサラリーマン限定ですが、確実にお金を借りられる裏技もあります→七福神ファクタリング

大手で断られたとしても、全国対応の即日融資可能な消費者金融をまとめてみました。

増額を断られたら申し込みを検討するべき消費者金融一覧

フクホー(全国対応)

キャレント(全国対応)

スカイオフィス(全国対応)

ニチデン(関西)

いつも(全国対応)

プラン(全国対応)

アロー(全国対応)

セントラル(全国対応)

アルク(全国対応)

増額に有利になる条件

増額してもらうときに有利になる条件は、取引で支払いの遅れがないこと、半年以上の取引があること、昇進などによる収入の増加などがあります。

増額のメリット

増額することで100万円を超える枠を設定できた場合、最低でも3%程度は金利が下げられます。

これは99万円までは18%で設定できる法定金利も、100万円を超えると15%以下に設定しないと違法になるからです。

また、金融機関にもよりますが、200万円、300万円という設定だと、さらに金利が下げられることが多いです。

増額を断られたら

もしも増額を断られたら、自分の返済できる範囲で他社での借り入れを検討するしかありません。

このとき、注意してほしいのが、何件も一度に申し込みをすることは避けることです。

金融機関では、信用情報機関に他社での借り入れが増えていないか、申し込みは何件かという情報が登録されます。

1日で何件も申し込みがあったという情報があれば、もしかすると一気に借り入れが増える可能性があると思われ、審査に通らないということがあります。

借りすぎて断られたら

総量規制で年収の規定があるため、借りすぎで断られることがあります。ただし、例外規定で「顧客に一方的に有利になる借り換え」は、年収の3分の1を超えて融資が可能となります。そのため、借りすぎでも審査が通るおまとめローンがあります。

おまとめローンなら中央リテール 中央リテール(全国対応)

こちらの商品も魅力的です。